信号用リレーとは

定義

信号用リレー

主に2A 以下の信号の開閉・接続に使用されるリレーで、通信機器や試験・計測機器、セキュリティ機器など、その他幅広いアプリケーションで活躍しています。

特徴

信号用リレーは、金貼り接点+クロスバーツイン接点構造(図参照)の採用により、微小な信号負荷でも、接触信頼性に優れた性能を発揮します。
回路切り替えの用途が多いため、主にc接点構造を採用しています。また、リフローによる表面実装にも対応しています。リールパッケージ品は自動実装による多数個実装も可能です。

クロスバーツイン接点構造

クロスバーツイン接点構造

リフロー実装

リフロー実装

種類

オムロンの信号用リレーは、汎用タイプ、小型タイプ、高感度タイプ、高周波タイプなど幅広いバリエーションと安定した品質で、社会に貢献し続けています。

オムロンの信号用リレー

pdfで表示する

構造

主なサーフェイス・マウントタイプの信号用リレーは、以下の部品から構成されています。
コイルは2次モールド成形をしており、小型ながら、コイル-接点間の高い絶縁性能を実現しています。

構造

応用例

セキュリティー機器

ガス検知器他各種防災機器、警報機他各種防犯機器

用途 アラーム出力
検知器

検知器

コントロールパネル

コントロールパネル

試験・計測機器

オシロスコープ他各種計測機器、ICテスタ他各種検査装置

用途 入出力切替、電源切替
オシロスコープ

オシロスコープ

ATE(半導体検査装置)

ATE(半導体検査装置)

産業機器

工作機械、成形機、溶接機、マウンター他産業用ロボット

用途 回線切替、制御切替
工作機械

工作機械

アミューズメント機器

遊技台、周辺機器

用途 情報出力
遊技台

遊技台