事例12 自動検査装置

事例12

自動検査装置

各種トレーやテープの有無検知
形B5W-LB

用途

  • ・検査対象品を入れた各種トレーやトップカバーテープの有無を検出します。

課題・要望

  • ・さまざまな種類のトレーやテープを調整なしで安定検出したい。
  • ・背景物体を検出しないセンサで、機器を小型化したい。
  • ・装置の各種センサをできるだけ共通化し、部品の種類を減らしたい。

(課題)
自動検査装置は、検査対象品や装置ユーザーによって、透明や黒色などさまざまな種類があります。一般的なセンサでは、対象物の反射率によって、検出距離や感度の調整が必要となる場合があります。また、黒い物体を検出するために、センサの感度を上げると、背景物体を検出してしまうため、機器の小型化が難しくなる場合があります。

解決

  • ・採用形式
    限定反射形センサ 形B5W-LB2112-1
  • ・本センサは、透明プラスチックや、黒色などの低反射率の物体を検出する光学設計を施しています。
    よって、さまざまな種類のトレーやテープを検出するのに有効です。
  • ・各種物体に対する検出範囲が広いため(下図参照)、テープのバタつきにも、ある程度許容できます。
  • ・規定の非検出範囲であれば、背景物体による影響がないため、機器の小型化に貢献します。
  • ・2方向の取り付け穴により、メカ設計の自由度が向上します。

*検出物体やセンサの設置方法によって検出可否が変わります。ご使用になる場合は必ず実機での十分な評価をしてください。

推奨形式