事例09 歯科診療ユニット

事例09

歯科診療ユニット

タッチレス スイッチ(手の検知)
形B5W-LB

用途

  • ・手を検知して、タッチレスで照明を点灯・消灯させる。

課題・要望

  • ・衛生上の観点で、機器をタッチレス化、および、清掃しやすい構造にしたい。
  • ・センサで手のひらを確実に検出したい。
  • ・外乱光によるセンサの誤動作を無くしたい。

(課題)
一般的なセンサでは、手を検出できない場合があります。また、遠くの意図しない物体を検知してしまう可能性があります。センサは機器の外部に向けて設置されるため、外乱光(太陽光や照明など)がセンサに入光し、誤動作する場合があります。

解決

  • ・採用形式
    限定反射形センサ 形B5W-LB2112-1
  • ・本センサは、鏡面、黒色、透明などの物体を検出する光学設計を施しています。よって、手のひらを検出するのに有効です。
  • ・検出距離が限定的であるため、意図しない遠くの物体による誤動作を回避できます。
  • ・センサ前面に薄い透明カバーを設置し、フラットにすることで、防滴構造で清掃しやすい機器が設計できます。
  • ・本センサには、外乱光の影響を受けにくくする機能を備えています。しかし、外乱光の種類や強度によって誤動作する場合がありますので、外乱光が入りにくいようにセンサを設置してください。

詳しくは、限定反射形センサ B5W-LBシリーズ ユーザーズマニュアルをご参照ください。

*検出物体やセンサの設置方法によって検出可否が変わります。ご使用になる場合は必ず実機での十分な評価をしてください。

推奨形式