事例02 分析機器 B

事例02

分析機器 B

カムの回転検知
形B5W-LB

用途

  • ・サーボモータに取り付けたカムを検出することで、タイミング信号を発生させる。

課題・要望

  • ・カムを確実に検出したい。
  • ・背景物体を検出しないセンサで、機器を小型化したい。
  • ・取り付け自由度のあるセンサで、部品の共通化をしたい。

解決

  • ・採用形式
    限定反射形センサ 形B5W-LB1112-1
  • ・本センサは、光沢面、黒色、透明など、さまざまな物体を検出するよう正反射を取り込む光学設計を施しており、カムの表面状態や位置ばらつきに拘わらず、安定検出が可能です。
  • ・規定の非検出範囲であれば、背景物体による影響がないため、機器の小型化に貢献します。
  • ・2方向の取り付け穴により、メカ設計の自由度が向上します。

*検出物体やセンサの設置方法によって検出可否が変わります。ご使用になる場合は必ず実機での十分な評価をしてください。

推奨形式