事例03 コーヒーメーカー A

事例03

コーヒーメーカー A

コーヒーかすの満杯検知
形B5W-LB

用途

  • ・堆積した使用済みのコーヒーかすを検出することで、満杯アラームを表示します。

課題・要望

  • ・コーヒーかすの堆積を、確実に検出したい。
  • ・センサをコーヒーかすの湿気から隔離したい。

(課題)
湿ったコーヒーかすは、反射率が低く、反射面の形状も均一ではないため、一般の反射形センサでは安定して検出できない場合があります。また、コーヒーかすの湿気が、隣接するセンサの配線部をショートさせる可能性があります。 

解決

  • ・採用形式
    限定反射形センサ 形B5W-LB2112-1
  • ・本センサは、黒色などの低反射率の物体を検出する光学設計を施しています。
    よって、低反射率の湿ったコーヒーかすの検出に有効です。
  • ・透明板を設置することで、コーヒーかすの湿気からセンサを隔離します。このとき、透明板はセンサの投受光面に密着させて設置してください。透明板がセンサから離れたり、板厚が厚すぎると透明板を検出してしまいます。

詳しくは、限定反射形センサ B5W-LBシリーズ ユーザーズマニュアルをご参照ください。

*検出物体やセンサの設置方法によって検出可否が変わります。ご使用になる場合は必ず実機での十分な評価をしてください。

*本センサの使用周囲温度(-10〜60℃)の範囲内でご使用ください。

推奨形式