商品カタログでリレーの動作電圧が*%以下、復帰電圧が*%以上と表現しているのは、どういう意味ですか?

ID: FAQE10012

更新:

Answer回答

リレーの動作電圧はその値以上の電圧を印加すれば必ず動作する。 復帰電圧はその値以下まで電圧を下げれば必ず復帰する、という意味です。

Explanation解説

リレーを確実にON/OFFさせるためには・・・
商品個々のばらつきがありますので、確実に動作、復帰させるために、ONさせる時は、定格電圧の●%以上を印加し、OFFさせる時は、定格電圧の△%以下の電圧になるようにしてください。

G5NB 動作/復帰電圧特性

【例】形G5NBの場合
動作電圧75%以下、復帰電圧10%以上(コイル温度が+23℃の場合の値)
操作コイルの定格電圧がDC24Vの場合

  • 〔動作電圧〕24x0.75=18V以上 であれば、どのリレーも動作します。
  • 〔復帰電圧〕24x0.1=2.4V以下 であれば、どのリレーも復帰します。

動作/復帰電圧特性は、リレーの特性を示したものであり、基本的に許容電圧の範囲内で使用してください。
また、OFF時は電圧ゼロが基本です。残留電圧が残らないようにしてください。

試験方法について
動作電圧、復帰電圧の試験方法は、JIS規格(C5442-1996)に準拠しています。

ワンポイントアドバイス

定格電圧を印加しなくても、リレーは動作しますが、動作不安定となり故障リスクが上がります。

商品カテゴリー リレー 信号用リレー パワーリレー
分類 選定・特性
関連キーワード
  • 信号用リレー
  • パワーリレー
  • 動作電圧
  • 復帰電圧

お調べの情報が見つからないとき