リレーの手はんだ耐熱温度を教えて下さい。また、手はんだ実装する場合の注意事項を教えてください。

ID: FAQE10059

更新:

回答回答

リレーの手はんだについては、【解説】をご参照ください。

Explanation解説

  1. こて先の平滑仕上げをした後、下記条件にてはんだ付けを行ってください。
    • はんだごて:30~60W
    • こて先温度:350℃
    • はんだ時間:約3秒以内
  2. フラックスはリレーの構成材の適合性から非腐食性のロジン系をご使用ください。
    フラックスの溶剤は化学作用の少ないアルコール系をご使用ください。
  3. 端子のはんだ付け時には、はんだ・フラックス・溶剤などが端子以外の部分に付着しないようにしてください。
    はんだ・フラックス・溶剤が内部に侵入して絶縁劣化や接触不良の原因となります。

プリント基板用リレー共通の注意事項:6-10「プリント基板用リレーの自動実装について」をご参照ください。

ワンポイントアドバイス

下図のように、はんだに切断面をいれてフラックスの飛散を防止したものがあります。

フラックスの飛散を防止

商品カテゴリー リレー 信号用リレー パワーリレー
分類 実装・保管
関連キーワード
  • 信号用リレー
  • パワーリレー
  • プリント基板用リレー
  • 手はんだ
  • 耐熱温度
  • フラックス

Related Questions関連する質問

Q
プリント基板に、リレーを自動はんだ実装する場合の予備加熱、はんだ温度条件を教えてください。
A
スルーホール形のフロー実装の場合と、サーフェス・マウント形のリフロー実装の場合で条件は異なります。
詳細は【解説】をご参照ください。
Q
サーフェス・マウント形リレーのはんだ付け条件について教えてください。
A
サーフェス・マウント形リレーのはんだ付け条件については、「プリント基板用リレー 共通の注意事項」の「プリント基板用リレーの自動実装について」2. サーフェス・マウント形をご参照ください。
Q
リレーにフラックスが侵入した場合、接触不良 になりますか?
A
フラックス塗布工程で、フラックスがリレー内部に侵入し接点に付着した場合、接触不良が発生します。
また、リレーの駆動部、電磁石部に付着すると動作不良に至ります。

お調べの情報が見つからないとき