表面実装(SMD)タイプのデイップスイッチの手はんだは可能でしょうか?

ID: FAQE20088

更新:

Answer回答

表面実装タイプであっても当社の形A6SNは手はんだは可能です。以下に機種別の推奨条件を記載しますが、こて先温度や加熱時間及びフラックスの飛散にご注意ください。

Explanation解説

オムロンの表面実装タイプではA6SNが該当しますので、下記の条件を参照願います。
なお、それ以外の表面実装タイプの手はんだは非推奨です。
はんだ付けは、下記条件にて作業を行ってください。 また、フラックスがスイッチに付着、飛散しないようご注意ください。

はんだ付け方法

また、手はんだの場合、手直しなどの再はんだ付けを含め、はんだ付け回数は 2 回までとしてください。
(形A6TN,A6SNは、1 回までとしてください。)
その際、1 回目と 2 回目の間隔は 5 分以上おいてください。

詳しくは、『The 解決 操作スイッチ編 ディップスイッチ』をご覧ください。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイスはありません

商品カテゴリー スイッチ ディップスイッチ
分類 使用・アプリケーション
関連キーワード
  • 操作スイッチ
  • ディップスイッチ
  • 表面実装
  • 手はんだ
  • こて先温度
  • A6SN

お調べの情報が見つからないとき