ロータリーディップスイッチで、リアル・コードとコンプリメンタリ・コードとは何ですか?

ID: FAQE20087

更新:

Answer回答

ロータリーディップスイッチの出力方式にリアル・コードとコンプリメンタリ―・コードの2種類があります。通常、多くはリアル・コード(正理論)ですが、その反対の出力方式がコンプリメンタリ―・コードです。マイコン入力時の回路設計により選定されます。

Explanation解説

オムロンのロータリーディップスイッチは4ビット信号出力で、リアル・コードとコンプリメンタリー・コードの出力は以下のとおりです。
なお、オムロンのロータリーディップスイッチでは形A6Aが両方の出力コードのバリエーションがあり、その他のロータリーディップスイッチは リアル・コードのみとなります。

出力コード表

出力コード:10ポジション
出力コード:16ポジション

詳しくは、形A6Aデータシートをご覧ください。

ワンポイントアドバイス

形A6Aはシール構造(IP64相当)でフラックス浸入に強く、塵埃の浸入を防止できます。 また、以下のようにツマミ部の種類があります。

A6A
商品カテゴリー スイッチ ディップスイッチ
分類 使用・アプリケーション
関連キーワード
  • ディップスイッチ
  • ロータリー
  • リアル・コード
  • コンプリメンタリ・コード
  • 10ポジション
  • 16ポジション
  • シールタイプ
  • IP64
  • 保護構造
  • フラックス浸入

お調べの情報が見つからないとき