マイクロスイッチの寿命は?

ID: FAQE20007

更新:

Answer回答

マイクロスイッチには、電気寿命(電気的耐久性)と機械寿命(機械的耐久性)があります。

Explanation解説

マイクロスイッチのカタログには、電気的耐久性と機械的耐久性を併記しています。それぞれ以下の内容を意味しています。

  1. 電気的耐久性
    接点に定格負荷を接続し、指定された操作頻度ストロークで動作させることができる回数のことです。
  2. 機械的耐久性
    接点に通電せず、指定された操作頻度ストロークで動作させることができる回数のことです。

スイッチの寿命は以下の内容を満足する方法で算出しています。その範囲内で使用されていない場合、寿命(電気的耐久性、機械的耐久性)がカタログ記載値より短くなる場合がありますので、ご注意ください。

  • 操作スピード 1 m / sec 以下
  • 操作頻度 30 回 / min 以下
  • 定格電流以下での電気開閉(突入含む)
  • 操作ストロークをOT規格値の60~90%で押込む
    OP点(動作位置)からOTの80%(例えばOTが2 mmの場合、OP点から1.2~1.8 mm押込んだ位置)

詳しくは『スイッチの基礎知識 使用編』をご覧ください

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイスはありません

商品カテゴリー スイッチ マイクロスイッチ
分類 選定・特性
関連キーワード
  • マイクロスイッチ
  • 寿命
  • 電気的耐久性
  • 機械的耐久性
  • 操作スピード
  • 操作頻度
  • 定格電流
  • 操作ストローク

お調べの情報が見つからないとき