マイクロスイッチが故障しました。どんな原因が考えられますか?

ID: FAQE20047

更新:

Answer回答

マイクロスイッチの故障原因として大きく2つ考えられます。
1. 電気的特性不良・・・接触不良、誤動作、溶着、絶縁劣化
2. 機械的特性不良・・・動作不良、外部破損

Explanation解説

マイクロスイッチはの故障原因としては以下の電気的特性不良もしくは機械的特性不良が考えられます。

主な故障とその原因・対策

解析を依頼される場合は、マイクロスイッチはそのままの状態で、用途、負荷状況(電流、電圧値)、使用環境などの情報提供をお願いします。

詳しくは『スイッチの基礎知識 使用編』をご覧ください

ワンポイントアドバイス

マイクロスイッチの故障で比較的多いのは、アクチュエーターレバーの変形によりスイッチが動作しない現象です。
以下にレバー変形の不具合症例を示します。 レバーに過大な外力が加わり、レバーが変形しています。 ご使用の際には、レバーに操作方向 以外からの荷重がかからないように確認することが必要です。

不具合の症例

詳しくは『The 解決 マイクロスイッチ編』をご覧ください

商品カテゴリー スイッチ マイクロスイッチ
分類 トラブルシューティング
関連キーワード
  • マイクロスイッチ
  • 接触不良
  • 誤動作
  • 溶着
  • 絶縁劣化
  • 動作不良
  • 外部破損
  • レバー変形

お調べの情報が見つからないとき