機器内蔵用フォト・マイクロセンサ(フォトインタラプタ)で、基板実装タイプではない配線しやすい機種はありますか?

ID: FAQE40051

更新:

Answer回答

透過形(溝形)フォト・マイクロセンサでコネクタタイプの形EE-SX3162-Pシリーズをご検討ください。

Explanation解説

従来、検出物体が機器のメイン基板から離れている場合、お客様が専用のプリント基板を制作し、基板実装タイプのフォト・マイクロセンサを設置されていました。 コネクタタイプの透過形(溝形)フォト・マイクロセンサ:形EE-SX3162-Pシリーズは、センサ、基板、コネクタを一体化することで、設計時間の短縮、組立/メンテナンス工数の削減、さらに機器の小型化に有効です。 また、X,Y,Z軸方向、それぞれに取付けできるラインアップで設計の自由度が向上します。 使いやすいフォト・IC出力で、電源電圧は5V、12Vタイプをご用意しています。

機器内蔵用フォト・マイクロセンサの一般使用例

詳しくは『フォト・マイクロセンサ セレクションガイド』をご覧ください。

ワンポイントアドバイス

上述のシリーズは取付け穴はM2用ですが、一部の機種にM3タイプ、24V電源タイプをご用意しています。詳しくは、形EE-SX3173/4173-Pをご覧ください。 また、専用のコード付コネクタ(別売)もご活用ください。

EE-5002 1M
商品カテゴリー センサ フォト・マイクロセンサ
分類 選定・特性
関連キーワード
  • 光センサ
  • フォトインタラプタ
  • 透過形
  • 溝形
  • 配線しやすい
  • コネクタタイプ
  • 設計時間の短縮
  • 組立工数の削減
  • メンテナンス工数の削減
  • X・Y・Z軸方向
  • 取り付け
  • M2 M3ねじ
  • 電源電圧
  • 5V・12V・24V
  • フォト・IC出力
  • 小型化
  • 形EE-SX3162-P
  • 形EE-SX3163-P
  • 形EE-SX3164-P
  • 形EE-SX4162-P
  • 形EE-SX4163-P
  • 形EE-SX4164-P
  • 形EE-SX3173-P
  • 形EE-SX4173-P

お調べの情報が見つからないとき