機器出荷後に、フォト・マイクロセンサで動作しないもの出てきました。想定される原因と対策について教えてください。

ID: FAQE40028

更新:

Answer回答

原因の一つとしてフォト・マイクロセンサのLED経時変化による光電流の低下が推定されます。この場合、回路設計の見直しが必要です。

Explanation解説

LED素子は、経時変化により発光出力が徐々に低下するという特性があります。 フォト・マイクロセンサは非接触検出方式であるため、メカスイッチに比べ信頼性が高く、機器の長寿命化に有効です。しかし、このLEDの経時変化を考慮した回路設計のもとに成り立ちます。 余裕のもったしきい値を設定することで、機器における長期間の安定検出が可能となります。
詳しくは、フォト・マイクロセンサの基礎知識:設計編/使用上の注意、および以下の関連FAQをご覧ください。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイスはありません

商品カテゴリー センサ フォト・マイクロセンサ
分類 トラブルシューティング
関連キーワード
  • 光センサ
  • トラブルシューティング
  • 検出できないもの
  • LED経時変化
  • 発光出力
  • 光電流
  • 長寿命化
  • 安定検出

お調べの情報が見つからないとき