フォト・マイクロセンサで検出できるものと検出できないものがあります。想定される原因と対策について教えてください。

ID: FAQE40027

更新:

Answer回答

フォトトランジスタ出力タイプの場合、原因の一つとして、光電流(IL)の個体ばらつきが推定されます。 この場合、回路設計の見直しが必要です。

Explanation解説

フォト・マイクロセンサは半導体部品で構成されているため、個々のセンサの光電流値は異なります。 したがって、データシートに規定されている光電流(IL)の範囲を確認していただき、その上下限値のセンサでも動作するように回路設計することが必要です。 さらに、LEDの経時変化や周囲温度の変化などによる光電流の変化分も考慮し、最適なしきい値を設定してください。
詳しくは、フォト・マイクロセンサの基礎知識:設計編/使用上の注意、および以下の関連FAQをご覧ください。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイスはありません

商品カテゴリー センサ フォト・マイクロセンサ
分類 トラブルシューティング
関連キーワード
  • 光センサ
  • トラブルシューティング
  • 検出できない製品
  • 個体ばらつき
  • 光電流
  • LED 経時変化
  • 最適なしきい値

お調べの情報が見つからないとき