フォト・マイクロセンサの使用・保存温度に関する注意事項について教えてください。

ID: FAQE40026

更新:

Answer回答

機器内蔵用のフォト・マイクロセンサの使用・保存温度に関する注意事項については【解説】をご参照ください。

Explanation解説

  1. 構造/材料面からの制約について
    フォト・マイクロセンサの大半は以下の構造となっています。
    • 投受光素子:透明エポキシ樹脂にて封止
    • ケース:ポリカーボネート
    このため、黒色エポキシ樹脂にて封止されているICやトランジスタと比較すると、以下のような物性上以下のような制約があります。
    1. 耐熱温度
      ICやトランジスタは保存温度150℃程度まで耐えられますが、フォト・マイクロセンサは高いもので保存温度100℃が上限です。
    2. 機械的強度
      リード端子に対するストレスに対し比較的低くなっています。これは、黒色エポキシ樹脂が、ガラス繊維を始めとする添加材によって耐熱・強度を向上させているのに対して、フォト・マイクロセンサは光の透過性を重視するため、添加材を加えることができないことによります。 したがって、ICやトランジスタなどと違ったセンスで取り扱う必要があります。
  2. 使用/保存・環境について
    使用/保存温度については、各製品のデータシートで規定されている温度上下限を守るとともに、温度変化についても十分考慮してください。 上述のとおり、耐温度ストレス性能が一般のICやトランジスタに比べ劣ります。過度な温度ストレスが印加されないように設計・実装してください。 また、使用温度範囲内でご使用の場合にも、湿度状態についてご留意ください。 透明エポキシ樹脂を使用しているため、一般のICやトランジスタに比べ、耐湿度性能が劣ります。 過度な湿度ストレスが印加されないよう設計してください。
    フォト・マイクロセンサは常湿での使用を前提として設計しています。 高湿/低湿な環境での使用については、十分な評価のうえご使用ください。
    塩素環境下ではご使用にならないでください。LED素子を構成しているガリウムヒ素(GaAs)が塩素と化合物を生成し、LED素子のパッド剥がれが発生する可能性があります。

ワンポイントアドバイス

オムロンのフォト・マイクロセンサは、原則としてEIAJ規格に準拠して信頼性試験を実施しています。その試験内容を以下に示します。

フォト・マイクロセンサ: 信頼性試験項目内容
商品カテゴリー センサ フォト・マイクロセンサ
分類 実装・保管
関連キーワード
  • 光センサ
  • フォトインタラプタ
  • 使用温度
  • 保存温度
  • 温度変化
  • 湿度状態
  • 透明エポキシ樹脂
  • ポリカーボネート
  • アクチュエータ形
  • 外観上の異常
  • 溶け
  • クラック
  • 光学特性
  • ケースの変質
  • 信頼性試験内容

お調べの情報が見つからないとき